郵便物を届ける仕事

郵便物を届ける仕事で必要な事

郵便物を届ける仕事は、働く上で必要なことがあります。まずは、基本的にバイクまたは自動車で郵便物を届ける事になりますね。つまり、普通二輪免許や普通自動車免許、中型免許などが必要になる事が多いです。どの免許が必要になるのかは、働く職場によって違います。自分が目指す配達会社の求人を見て、どの免許が必要になるのかをチェックして、免許がない時は取得します。既に持っている場合は、そのまま求人に応募していく事が出来ますね。また、郵便物を届けた時にはお客さんと会話する事もあります。つまり、コミュニケーション力も高くしておく必要があり、正しい敬語が使えるように勉強しておきます。取得している免許の種類が多い程、応募出来る求人が多くなります。

郵便物を配達する仕事で意識する事

ドライバーの仕事には、郵便物を配達する仕事があり、この仕事をしていく時には意識しなければいけない事があります。どのような事を意識しなければいけないかというと、まずは宅配ミスがないようにする事です。宅配ミスがあると、当然後でクレームが届きますし、再度配達しなければいけないので手間がかかります。さらに、時間指定がある配達物は、その時間内に配達します。時間指定されている配達物も多く、どこから配達していけば良いのか、常に考える必要がありますね。また、荷物を破損させない事が大事なので、丁寧に配達していく事が必要です。トラックで配達する時には、丁寧に荷物を積んで、運転中に荷物が落ちないようにします。特に割れ物関連の荷物は、破損しやすいので荷物を積み下ろす時は慎重に行います。

ドライバーの募集は、各地の運送会社やタクシー会社などで行われており、特に人手不足の会社では二種免許の取得費用をサポートしたり、勤務時間を自由に選べるようにしたりすることもあります。