地理に詳しくなる

まずはポイントを抑えよう!

タクシードライバーとして求められる能力の一つが、地理に関する知識です。まずは、主要な駅やランドマークとなる施設を抑え、すぐに位置関係や距離が頭の中に浮かぶようにしておきましょう。地図を見て俯瞰的に覚えるだけでなく、実際に徒歩や自転車、乗用車などを使って、現地を移動しながら体感的に覚えていくと役立つことでしょう。また、乗車したお客さんが具体的な住所を述べて目的地とすることも多いため、地名を頭の中に入れておくことも大切です。お客さんの指示があった地名にある、ランドマークとなる建物や施設を覚えておけば、まずはその近くまで移動し、後は具体的に指示を出して貰って走行することができます。特に住宅地の場合は入り組んでいて難しいため、このような二段階の対応が基本です。

交通ルールや道路情報にも詳しくなろう!

少しずつ地名などを覚えてきたら、更に日常的な情報を取り入れていくようにしましょう。例えば、道路工事によって一時的に通行止めになっていたり、時間内は一方通行になる道を知らなかったりすると、お客さんを乗せた状態で右往左往せざるを得なくなるかもしれません。その地域に詳しくなってくると、そういった問題が起きやすい道なども分かってくるので、とにかく常に注意を怠らないようにしましょう。また、更にベテランドライバーを目指すのであれば、例えば「花見のシーズンで特定の道路が混んでいるから、避けた方が良いかもしれない」といった知識も持てると、お客さんのニーズに応じた対応が可能になります。このようなドライバーになるためにも、求人に応募するための準備として、まずはしっかりとポイントを抑えて地理の知識を蓄えることが大切です。

愛知でドライバーの求人の募集をしている企業の中には、未経験者に対する研修を強化しているところや、有資格者を好待遇で採用しているところも目立ちます。